悩みタイトル

こんな時に痛みが出たら要注意です。

 

1、物を上からつかんで持ち上げた時
2、ペットボトル」の蓋を開ける
3、肘の曲げ伸ばしで痛い、または完全に伸ばせない、曲げられない
4、肘を動かすと痛みが走る
5、ドアノブを回すと痛い

肘の痛みに関する当院の考え

肘の痛みは例えば野球のピッチャーをしているテニスでばっくハンドを多く使うなどの明らかに多くの負担をかけている場合では無ければ日常的に負担を少しずつかけていっています。

 

初期の症状であれば翌日には症状が緩和していませんでしたか?それは初期の状態であれば身体の回復力がありますのである程度の症状であれば寝れば治ります。症状が悪くなって来ると自然の回復力だけでは賄いきれなくなってしまい痛みが取れなくなっていきます。

 

そもそも肘というのは腕を使えば必ずといっていいほど一緒にうごかして行くものですのでそもそも日常生活の中で安静にしずらい所です。なので早期に対処しないと時間がかかってしまいます。

肘の痛みを放っておくとどうなるのか

上記でも少し書きましたが、腕を動かした際に必ずと言っていいほど肘も連動して動いています。なので安静には中々できないので色々な痛みを併発する可能性が高くなります。

 

例えば手、指の痺れです。手や指の痺れは多くの場合は頚、肩、肩甲骨、または痺れているところの神経が傷ついている可能性がありますが実は肘の場合も多いです。また腕を動かすときに必ずといっていいほど肘にも負担をかけています。

 

日常生活の中で腕を動かさない時はほぼないので日常生活に非常に不便をかけてしまいます。またさらにひどくなってしまいますと日常生活を送るのが困難になってしまいますのでそうなる前に早めに受診してください。

肘の痛みの解消方法

症状に応じて色々あります。

1、肩や腕のストレッチ

  これは痛みが無い時からやっていただけると良いです。痛みの緩和にも効果がありますが何よりも予防になります。

 

2、筋力トレーニング

  1キロ程度のダンベル(ペットボトルでの代用可)や伸縮性があるチューブなどを使って手首の関節を曲げたり伸ばしたりの運動を行ってください。それで痛みが出てしまう時や痛めたての時は肘の周りに熱感がある可能性がありますのでそういうときはやらないでください。

 

3、サポーターやテーピング

  衝撃を吸収してくれるので肘にかかる負担を軽減してくれます。

 

4、アイシングや温める

  急性期は熱を持っていますので冷やしてください。
症状が長引いている方は患部を温めて血流を良くしてあげると楽になります。
症状が更にひどくなってくると注射や手術の可能性も出てきます。

肘痛軽減のためにオススメする当院の施術メニューとは

1、電気療法

  肘が曲がらない、伸ばせないなどの痛みは関節の異常が考えられますので関節の動きを付ける必要があります。当院の電気療法は筋肉だけではなく関節の痛みなどにも対応できるのでお勧め致します。

 

2、鍼療法

  デスクワークや子供の抱っこ、日常の家事など繰り返しの動作で筋肉に過度の負荷をかけている方は先ずは筋肉を緩めていく必要があるので鍼をお薦めします。 鍼がどうしても怖いなどがありましたら電気療法で代用も可能です。

 

3、矯正

  そもそも何で痛くなってしまったかを考えた時に非常に多くの方が内包肩(肩が内側に入っている事)になっています。その内包肩を治して日常の肘の負担を減らしていきます。

その施術をうけるとどう楽になるのか

1、電気療法

  関節の痛みを取り除いたりするのが得意なので曲げ伸ばしが楽になるのと筋肉を緩める効果もありますので様々症状の緩和が期待できます。

 

2、鍼療法

  筋肉を緩めるのと疼痛緩和また血液の循環をあげていきますので回復力も高めていきますので早期的な症状の緩和が見込めます。

 

3、矯正施術

  上記でも書いた通り内包肩によって肘に余計な負担をかけていることが多いので矯正で内包肩を正すことによって日常生活の中でかかっている肘の負担を減らす事が出来るので今後も痛みを出さない様にするには適した施術です。

軽減するための施術頻度は

利き腕かそうでないか、またその痛みが日常の中で1日どれくらいの頻度で行われているかで変わります。

 

1、利き腕と1日5回以上痛みが出る場合 痛みが1日1回~2回になるまでは毎日来院してください。(1ヶ月程度だと思われます。)その後に1日おきに変えていき痛みの質と頻度が減ってきたら週1回~2回のペースでお願いします。

 

2、利き腕、1日痛みが1回~2回程度 1日おきの来院をお薦めします。

 

3、利き腕以外、1日痛みが1回~2回程度 最初は週2回来ていただけると助かります。
上記はあくまで目安になりますので来院間隔を詰めれば詰めるほど早期の軽減が見込めます。