悩みタイトル

入眠障害 身体は疲れているのに中々寝付けないまたは眠れない
中途覚醒 同じく身体は疲れているのに1時間~2時間くらいで必ず目が覚めてしまう
早朝覚醒 同じく身体は疲れているのに早朝の早い時間に目が覚めてしまいそれから2度寝出来ない
熟眠障害 熟睡したという満足感がないまま朝になってしまう、起きた時から睡眠不足に似た状態
上記の4つの症状が1つないし複数ありそれが1ヶ月以上続いている場合ご注意してください。不眠症になっているかもしれません。

不眠症に対する当院の考え

不眠症は生活習慣の乱れや日常的に起こる心身的なストレス、お酒などの嗜好品の取りすぎなど血流が悪くなりやすい物がおおいです。血流の流れが悪くなると自律神経が乱れてしまいます。 自律神経失調症と言うのを聞いたことがある方もおおいとお思います。
自立神経とは交感神経と副交感神経の2つからなる神経です。
交感神経とは普段起きている時や働いている時、頑張っている時に活発化される神経です。
副交感神経とは寝ている時やリラックスしている時に活発化される神経です。
このバランスが崩れると様々な症状を引き起こしてしまいます。
交感神経が強く働くと身体が疲れているのにねむれない状態になってしまいます。皆さんも経験はありませんか?その状態が長く続くと不眠症になってしまいます。

なぜ不眠症になるのか、その原因

不眠症になる原因は生活習慣の乱れがあげられます。
生活習慣 普段皆様は決まった時間に食事や運動、睡眠などが出来ていますか?人間の身体には体内時計があり普段から規則正しい生活をしている方はそのリズムが崩れにくいので不眠症にはなりにくいです。逆に食事の時間がいつもバラバラ、寝る時間もバラバラだとリズムが崩れてしまい自立神経が乱れ不眠症になる可能性が高くなります。
心理的なストレス 仕事でのストレスや日常で感じているストレスが長く続くとイライラがたまりますよね?これが上記でもお話した自律神経を乱されてしまい不眠症になりやすくなってしまいます。
またお酒などの嗜好品や薬物を摂取する事によって身体の血流が悪くなり眠れなくることもありそれが長く続くと不眠症になっていきます。

不眠症の軽減方法

改善の第1歩としては生活習慣の改善から始めるのが1番だと思います。具体的には決まった時間に起きて決まった時間に食事をして決まった時間に寝るということをルーティーンにして繰り返し行う事が必要になります。ただ最初は辛いと思います。おすすめとしては誰かの力をかりるという事から始めるのがいいと思います。家族とお住いの方はご家族に協力してもらいましょう。具体的には同じ時間に食事を出してもらう。同じ時間に起こしてもらう同じ時間に寝れるように促してもらうという事です。お一人の方は携帯のアラームなどの機能を使い起きる時間や食べる時間、寝る時間にアラームをセットするなどやってみてください。ストレスに関しては人間社会で暮している以上多かれ少なかれストレスは掛かっていると思います。自分なりのストレス解消法を見つけてみてください。

当院オススメの軽減メニュー

上記の改善法を試してみたけどだめだった、または自分でそこまでできないという方はご相談ください。丙院には不眠症を改善に向かわせる為に2つの治療法があります。
1全調整鍼 不眠症になる大きな原因の1つに自律神経の乱れがあります。自立神経とは大きな神経が2つあります。交感神経と副交感神経の2つです。
交感神経とは身体が動いている時に活発化される神経です。これが乱れてくると仕事の時など頑張らなければいけない時やる気がなくなり頑張れなくなります。
副交感神経 これは主に寝ている時や休んでいる時に働いている神経です。これが乱れてくると身体が疲れて上記の改善法を試してみたけどだめだった、または自分でそこまでできないという方はご相談ください。丙院には不眠症を改善に向かわせる為に2つの治療法があります。
不眠症になる大きな原因の1つに自律神経の乱れがあります。自立神経とは大きな神経が2つあります。交感神経と副交感神経の2つです。
交感神経とは身体が動いている時に活発化される神経です。これが乱れてくると仕事の時など頑張らなければいけない時やる気がなくなり頑張れなくなります。
副交感神経 これは主に寝ている時や休んでいる時に働いている神経です。これが乱れてくると身体が疲れているのに寝つきが悪くなり不眠の原因になってきます。
1、全調整鍼 自律神経の乱れを整えて治りやすい体をつくります。
2、頭蓋骨矯正 頭のむくみや頚肩まわりの緊張、顔の歪みを取ることで自律神経のバランスを整えます。

施術頻度はどのくらいか

どちらの治療も不眠症になってからどのくらいの期間が経っているのか?また不眠症の症状が重いのか?軽いのか?にもよって変わってくるのですが基本的には週1回の治療で軽い方は15回(4か月弱)思い方で30回(8か月弱)をお薦めしています。もちろん症状の重さによってもう少し早くなる場合や遅くなる場合もありますので先ずは症状を診させて頂いてから正確な回数をお知らせしますので不眠症でお悩みの方はお早目のご来院をお待ちしております。